泡立てないのがOK!ビーグレンの洗顔を泡立てる!のは間違い?

ビーグレン洗顔で泡立てる女性

ビーグレンの洗顔を泡立てる!のは間違い?

最安値で買ったビーグレンクレイウォッシュ本体

ビーグレンの洗顔は泡立ちが悪いから効かない!

というコメントがありました。

ビーグレンの洗顔料クレイウォッシュは泡立ちがあまりせず、不思議な感覚になりますよね。

泡立ちが悪い=効かない

なのでしょうか?

決してそんなことはありません。

洗顔は泡立てて泡でゴシゴシ洗うことだけが洗顔ではないからですね。

その理由をご説明しますね。

洗顔料で泡立ててゴシゴシ洗うことは正しい?

わたしたちは洗顔料をたっぷり泡立てることに夢中に。

たっぷり消えない泡のある洗顔料が良い洗顔料と思いがち。

キメの細かい泡が毛穴の奥にまで入り込み、毛穴の汚れを取り除いてくれるはず!と信じがち。

しかし、洗顔料は泡立つときに汚れを取るものなんですね、

すでに泡立っている洗顔料を肌や毛穴にのせても、ほとんど効果がないんです。

泡だっている洗顔料を肌や毛穴にのせることで、毛穴の開きを悪化させてしまったり、別の肌のトラブルを引き起こしたりする可能性も出てくるんですね。

泡立ちの良い洗顔料はなんで泡立ちがいいの?

泡立ちの良い洗顔料はなんで泡立ちがいいのだと思いますか?

泡立ちの良い洗顔料は、泡立ちをよくするための何らかの成分が含まれています。

泡立ちを良くするための成分を優先して含まれている場合、泡立ちの良い成分が肌に良いとは限りません。

「なんで?」

泡立ちの良さを最優先することで、毛穴ケアや洗浄力のほうが後回しになっていることもあるからです。

ビーグレンの洗顔が良い理由

ビーグレンの洗顔はマイナスイオンの泥洗顔です。

泡立てて肌をゴシゴシ洗うのではありません。

ビーグレンの洗顔は泡立てる必要がない

ということですね。

泡立ちが悪い=効かないでは決してありません。

「なんで?」

マイナスイオンの泥で洗うことで、ゴシゴシこすったりせず、掃除機のようにスポンッと汚れを引きつけて取ります。

肌にやさしく毛穴の黒ずみを取り除けますね。

泡立ててゴシゴシ洗う洗顔料ではないのは、ビーグレンの洗顔料が吸着タイプだからなんですね。

泡立てる必要のない洗顔料ビーグレンはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です